toggle
2016-09-16

「これがこち亀で一番面白い巻だ!!」 Amazonレビューを全部読んで決定した、こち亀面白い巻5選【漫画ネタ】

先日驚くべきニュースが舞い込んできた。

少年ジャンプで連載中の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、単行本200巻を最後に連載を終了します。連載40周年記念の巨大絵巻物展示会の記者会見で発表されました。

出典 ねとらぼ『「こち亀」200巻で連載終了が決定 40年の歴史に幕

マジですか?! がーん‥‥‥

2016-09-16-22-57-39-1
こち亀終了にショックを受けるE.T.氏

いや、本当にびっくりです。

個人的にはいいともが終わると聞いたときよりもショックでした‥‥‥。

うちの親父が高校生くらいのときにはもうすでにこち亀は普通に連載していて、親子共々両津を愛していたのですが、そうですか、終了ですか。

まぁ、40年も連載すれば十分すぎるくらいだろうというのはわかってはいますが、こち亀のないジャンプをこれから読むのかと思うと、なんとも寂しい限りです。

まだ、連載中なのにもかかわらず、すでに『こち亀ロス』に陥り、我が家にあった飛び飛びのこち亀の単行本を引っ張ってきて読み漁りながらふと思いました。

こち亀の中で一番面白い巻は何巻なのだろう‥‥‥?

ちなみに、私が好きなこち亀の話は94巻の「日本酒密造計画!」です。

「地面にビールを撒く会の会長だから…」というあのハチャメチャな言い訳が小学生ながらに頭に残っています笑。

Amazonレビューを分析して、一番面白そうな巻は何かを調べてみる

とは言っても、私が一番面白いと思っていても、他の人は別の話の方が面白いと思ってるかもしれません。私も全巻読破しているわけではないので、面白いけど読んでいない話というのはおそらくたくさんあるでしょう。

で、客観的に分析する方法はないかと考えて、思いついたのが『Amazonレビュー』です。
Amazonレビューを分析して、こち亀で一番面白い巻を見つけるということを思いついたのです。

早速Amazonでこち亀を検索し、レビュー順にまとめてみると一番に上がってきたのは、なんと

こち亀の200巻!!

↑ いや、まだ発売してないッス (2016年 9月10日現在) 

 

そこのレビューを見てみると

・予約ができてうれしー!!

・秋元先生、40年間ありがとうございます!

・終わってしまうなんて、信じられない……

などなど。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

そういえば、Amazonレビューって内容関係なく書かれることありますよね。

発送が遅かったとか、表紙がサイコーだから無条件で星5つとか、またはその逆とか。

そうなってくると、Amazonレビューだけで面白さを分析するのってちょっと難しくない?

レビュー1個で星5つの巻と、レビュー10個で星4.5の巻だったら、後者の方が絶対面白い気がする。

でも、そんなの確かめる方法って言ったら、一つ一つレビューを確認するしかないやん。

それはちょっとさすがに無理ゲーすぎる。

うーん、どうしよう。

仕方ない‥‥‥

 

 

レビュー全部チェックするか。

↑ 暇人すぎます。

 

 

というわけで、Amazonレビューを元に、こち亀で一番面白い巻をリサーチしてみました。

Amazonレビューを分析してみる

2016-09-17-00-22-461つずつレビューをチェックするE.T.氏

私がとった分析方法は以下の方法です。

①こち亀すべての巻のレビュー内容をチェックし、エクセルにまとめる

すべての巻のレビューを確認し、星の数をエクセルに入力していく。
この時に、内容に言及していないレビューはカウントしない。例えば、Amazonのセラーに言及したレビューや、明らかに内容とは関係のないことに関して評価したレビューものなど。

②レビュー数が3以下のものは除外する

『面白さ』の客観性を保つため一定のサンプル数は必要と判断し、とりあえず①の過程を経てレビューが4つ以上あるものに限定した。

③レビューをポイント化しランキングにする

星5を+2、星4を+1、星3を0、星2を-1、星1を-2
といった具合で、レビューをポイント化して合算。
そしてそれをランキングにする。

※ちなみに150巻以降から急激にAmazonレビューの数が多くなっていることに気づいた。
100~150巻と150巻~199巻までで、だいたい1.2~1.5倍くらいレビュー数が違う。
おそらく本屋ではなくAmazonで本を買う人が増えたのだと思われる。
これだと、明らかに今回の分析に影響が出ると判断したため、150巻以降のポイントに0.8を乗じることとした。

④満足度もランキング化してみる

③だけのランキングだと、レビュー数が飛び抜ける1巻や100巻などメモリアル巻が圧倒的に有利になるため、満足度も数値化してランキングにする。
具体的にはポイント/レビュー数で、1レビューごとのポイントの平均値を計算しランキング化する。
(例えば、平均値が2であれば、すべての人が星5をつけたことになる)

一応、これが満足度ランキングのような形になるかと思われる。

⑤ランキングを合算する

③と④のランキングを合算し、一番数値が低いものが最も面白い巻となる。

作業中のエクセル、単純作業で眠くなる‥‥

以上!!!!

2016-09-17-11-38-25
感動のあまりMacに挟まるE.T.氏

 

うぉっしゃあぁぁ!やったぞぉおおお!!!
↑ 5時間もかかったので頭がおかしくなりそうです。

 

【注意】
成り行き任せでやっているので、やり方がおかしいとか、客観的ではないとかという感想やコメントはお控えください。こんなことに時間かけておバカな人だな程度でお願いいたします。

そんなことしてないで仕事しろよって感じですよね。
家に帰って、奥さんの目を盗みながら一つ一つレビューをチェックしてました笑。
PCに向かってる途中、「何してんだろう俺……」みたいな感じになりましたが、見事やり遂げました。

まぁ、そんなことはおいといて

はい

結果発表〜!!!

とりあえず、全部あげるとキリがないので、Best5とさせていただきます。

では、第5位から発表していきます!!

第5位

こちら葛飾区亀有公園前派出所 64巻

下町散歩シリーズが描かれている巻です。
両津が上野にある派出所に補欠要員として派遣されて大活躍する話ですね。
普段の派出所とは違う雰囲気ですが、両津はどこにいっても両津です。
ほっこりする話もあり、ハチャメチャな話もあり、バラエティーに富んだ傑作巻だと思います。

第4位

こちら葛飾区亀有公園前派出所 56巻

あの有名なテスタオッサンドナイシテマンネンが出てくる巻です。
1989年に発行されているので、バブルの時期なんですね。土地を転がしたり、日本が元気が良い時代の話が多いですね。両津達が当たり前のようにスイスに旅行に行ったりして、バブリーな印象を受けます。

第3位

こちら葛飾区亀有公園前派出所 125巻

京都ものがたりの巻です。両津と檸檬が、京都で料理修行をしている憂鬱に会いに行く話です。この巻は擬宝珠家の話が多いです。擬宝珠一家VS電極一家などの話も収録されています。ただ、個人的に一番好きなのは浅草物語 望郷編ですね。57巻にも出てきた、両津の小学校時代の親友、賢坊こと村瀬との再会を果たす話です。こち亀ファンの中でも、浅草物語は非常に人気の高いストーリーですのでランキングに入ってきたのは納得です。

第2位

こちら葛飾区亀有公園前派出所 196巻

意外にも最近の巻がランクインです。ちなみにこの巻、17話も入っていて非常にボリューミーです。内容もそれぞれ面白い話だったので、満足度が高かったようですね。私が一番面白かったのは、日本画家の話です。両津と日本画家の巨匠が友達というのは面白かったですね。個人的にあの巨匠のキャラが好きです。

 

そして栄えある、第1位は‥‥‥‥

こちら!!

 

 第1位

こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻

はい、193巻が堂々の1位になりました!!

こちらも最近の巻ということですが、196巻同様に非常にボリューミー。また各話の内容が、ラジコン、サバゲー、グルメ、両津の誕生日、携帯電話の歴史などなど、こち亀らしいようなストーリーが満載なので、レビューの評価も良かったのだと思います。私のオススメの話は無人交番の話ですね、両津が警察官としての有能ぶりが堪能できて、とても面白い話でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

先にも話しましたが、あくまでこれは私が適当に分析したものなので、参考程度でお願いします^^;

上記5冊の中では、私は第5位の64巻が一番好きですね。ちょっと変化球な回もありつつ、ベタな展開もありつつ、でもこち亀らしさが出ていて、すごく面白かったです。

こち亀は40年も連載されている作品ですので、皆さん一人一人の中で面白いと思っている話があると思います。今回のランキングはあくまで客観的な観点からリサーチしたものなので、自分が好きな巻が入ってなくても暴れないでくださいね笑。
ちなみに私が大好きだった、地面にビールを撒く会の話(94巻)はランキングに入ってこなかったです。残念!!

それにしても、こち亀終わっちゃうのかー。寂しいな〜。

 秋本先生、40年も連載していただきありがとうございました!両さんもありがとう!!

 

最終更新日 2017年 11月23日


関連記事