toggle
2018-02-23

ローマ法王からテロリストまで…世界中で選ばれているチープカシオ(チプカシ)のコスパが最強すぎる件について

皆さんは腕時計を持っていますか?

最近ではスマホを持っているため腕時計をする人が少なくなったという話を何かの記事で読んだことがあります。でも、やっぱり時間を見るならスマホよりも腕時計の方が個人的には性にあってるんですよね。

私がずっと愛用している腕時計は祖父の形見でもある機械式のセイコーのロードマーベルなのですが、たまにはちょっと違うテイストの時計もつけてみたいなと思い、新しい時計を探していたのです。でもロードマーベルはとても気に入っている時計なので「完全に遊びでつけられるような時計」ということで色々と物色していたところふと目に付いたのが「チープカシオ」。値段もめっちゃ安いし、話題にもなっているから何かのネタにできるかも…という邪な考えもあり、チープカシオをポチってしまいました。

早速レビューさせていただきます。

チープカシオって何ですか

チープカシオとはあの電卓で有名なカシオ計算機株式会社が出している非常に安い時計です。ホームセンターなどで適当に吊るされて売られている1000円ぐらいの腕時計。あれをイメージしてもらえれば分かりやすいかもしれません。あれが何と今、世界中で大変な人気になっているというから驚きです。

カシオの時計と聞くと、チープカシオよりもやはりこっちが頭に浮かぶのではないでしょうか。

そう、G-SHOCKです。

Gショックは世界中で大流行しましたよね。今でも人気は変わらずコレクターもたくさんいます。

G ショックを作ったカシオがコストを抑えに抑えて作った腕時計それがチープカシオ。Cheap(チープ)なカシオだからチープカシオ、略してチプカシ。安いと言いましたがそのクオリティやデザイン、性能などを考えるとその価格は激安と言って良いでしょう。

実はこのチープカシオ、元々は海外服販売向けに作られており、日本では知る人ぞ知る腕時計でありました。しかし、おしゃれに敏感な人たちがわざわざ海外から逆輸入をしてまで購入したり、 SNS にアップするようになると次第に世間にも認知され始め、日本での販売も決定したことも相まって一気にチープカシオの人気に火がついたようです。安くて品質が良い、しかもオシャレ。案の定、バカ売れしているようです。

チープカシオは世界中で大人気

もともと海外販売向けであったこともあり、海外ではそれなりに知られた時計ではあったようです。ただ、一気に火がついたきっかけは、やはりSNSからだったと言われています。

あるイギリスの男性が20年前に紛失したデジタル表示のチープカシオを庭で偶然見つけ手に取ってみると、なんとまだ動いており、しかも数分遅れているだけでほとんど故障していなかった。そんな記事を Facebook にアップしたところその記事が一気に世界中に拡散され、改めてチープカシオが再評価されるようになったとのこと。

ちなみにこれがその時に見つけた時計だそうです。

20年前に無くした腕時計が動くとか、どんだけタフやねんと思いますが、事実であればすごいですよね。

そういえば、先日某有名クラシックカメラ店の店長さんが、私のこのチープカシオを見て「おー、伊藤さんもカシオの時計なんだ、僕のも同じだよ。高校の時に買ったけど全然壊れないんだよね」と袖をめくってカシオのデジタル時計を見せてくれました。ちなみに、その店長さんの年齢は40半ばくらいだと思うので、かれこれ30年くらい現役ということですよ。ここまでくると、イギリスの男性の話の信憑性がグッと上がってきます。

チープカシオの愛用者たち

これだけ人気なのですから、もちろん世界中に愛用者もいるわけでして。じゃあ、どんな人がチープカシオを使ってるんだと芸能人の愛用者を調べていたら、星野源だったりPerfumeのノッチだったりいたのですが、それよりもとんでもない人達にたどり着きまして、あまりにも壮大な感じだったのでそちらをメインで紹介していきます笑。

フランシスコ ローマ法王 (第266代ローマ教皇)

pin

なんとしょっぱなから驚きの人選。まさか、あのローマ法王がチプカシをつけているとは笑。

ローマ法王がつけているチープカシオはメンズだけでなく女性にも人気のモデルです。デジタルではなくアナログ式でシンプルなデザインが特徴的。カジュアルな服装にもあうところが良いですよね。まぁ、ローマ法王の場合はカジュアルではなく法衣ですから、カジュアルファッションから法衣にまで合うすごい時計です笑。

ウサマ・ビンラディン

さて、ローマ法王がつけてると思ったら今度はあの超有名テロリスト、ウサマ・ビンラディン氏もチープカシオの愛用者というから驚きです。この時計はビンラディンモデルとも呼ばれており、時限爆弾にも使われているのだとか。。。頑丈で正確、そしてコスパ最強というのがこういうところで役に立つとはなんとも悲しいことではあります。

バラクオバマ前大統領

pin

さて、今度はなんとアメリカ前大統領である、バラク・オバマ氏。ローマ法王、テロリスト、アメリカ大統領が愛用してるなんて、カシオは本当にすごいですね。さすが世界で最も売れている時計と呼ばれるだけのことはあります。オバマさんがつけていた時計はなんとビンラディン氏と同じモデル^^;

ビルゲイツ

pin

さて、ローマ法王、テロリスト、アメリカ大統領ときて最後にくるのは世界一のお金持ち、Microsoft創業者であるビルゲイツ氏です。ただ、ビルゲイツさんはなんかおたくっぽいしガジェット好きそうだから、あんまり意外な感じがしないなというのが個人的な感想です。このモデルも、上記3人に比べると、文字盤が大きくガジェット感がありますよね。

やっぱりチープカシオは海外でもすごく人気のようですね。

レトロ感あるデザインが秀逸すぎる

チープカシオの中で私が気に入っているのはこのレトロなデザインです。

特にデジタルのチープカシオは、私が小学生の頃に一世を風靡した(多分その時にカメラ屋の店主も買ったのかもしれない)デジタルウォッチを彷彿させるようなデザインで、懐かしくもありどこか新しくもあります。

個人的にはシルバーとゴールドの色の組み合わせがシックでかっこいいと感じています。また大きさも比較的小ぶりで装着してみると意外にもシンプル、服に合わせやすいというのも特徴です。

デジタルの腕時計なんてちょっと子供っぽいと思うかもしれませんが、意外とそんなことはなく、なかなか重宝しています。それにしても2018年なのに30年前のデザインがかっこよく感じるなんてちょっと面白いですよね。 確かバックトゥザフューチャーの主人公がつけていた腕時計もこのようなデザインだった気が…。

ファッションのトレンドは繰り返されるといいますが、腕時計も同じことなのかもしれません。

ちなみに、このモデルはこれですね。

性能も高い

デザインだけでなくもちろん性能もピカイチです。

先に挙げたイギリスの男性やカメラ屋の店主の件もありますが、やはりGショックを作っている会社だけあって非常にタフです。しかも軽くて薄い。装着していて全く気にならない軽さというのは私としてはかなりの高評価です。

しかもこれWATER RESIST(ウォーターレジスト)と書いてあるので、防水性なんです。アラーム機能もありストップウォッチもついています。個人的には LED のバックライトの明るさが少し足りないかなと感じますが、値段のことを考えるとそれは求めすぎなのかもしれません。

性能については不満な点はほとんどなく、時計としての機能は100点満点と言っても良いです。

価格がチープというより安すぎる

さて、価格の話。

コスパ最強とタイトルにつけたのは伊達ではありません。このチープカシオの売りは性能も去ることながら、何よりもその値段の安さにあるからです。腕時計としての機能は申し分なくデザインも優れています、なのに価格が1000円台というのは、驚き以外のなにものでもありません。企業努力と言う言葉がありますが「これのどこで儲けるの?」という感じ。実際、調べてみたら儲けは度外視していてほとんど利益は出ていないそうです。

訪日客にも人気 「チープカシオ」 儲からなくても重要なワケ

いや、ちょっとこの記事を読んで安心してしまった自分がいます笑。

チープという言葉は「安かろう悪かろう」と捉えてしまう節がありますが、このチープカシオの場合はその限りではありません。正直言って「安い」というよりも「安すぎる」というレベル。これだけ人気が出ていて、バカ売れしていて利益に影響してこないレベルなんですから「コスパ最強」これは間違いないと言えるでしょう。

「なんか面白い時計ないかなぁ」と探している方は、チープカシオを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


関連記事